開発秘話

ストレッチLOONA開発のキッカケは、酷い肩こりの極限状態の中から

ストレッチLOONAは、肩こりグッズを作ろうとしてできたものではありません。
開発者自信が、酷い肩こり、自律神経失調症などで仕事にも影響がでるほどの状態でした。
当時、原因不明の関節痛などにも悩まされるようになり、今から思うと極限状態でした。
極限状態

酷い肩こりが何とかしたいとの思いで接骨院や医療機関で頸椎牽引療法を受けていました。
そこでの所見は、変形性頚椎症ということでした。
評判が良いという話を聞けば、遠方であっても通院するなどで時間とお金をかなりかけていました。
ですがどんな治療も一時的に緩和しても完治することはありませんでした。
また、治療を中断するとすぐに元に戻るのが現状でした。

成長期の姿勢が人生を左右する

ストレッチLOONAは、姿勢に起因する首コリ肩コリに長年悩み、苦悩のうえ考案した肩こり解消グッズです。

肩こり解消グッズは多種多様なグッズが販売されていますが、ストレッチLOONAは、日本、米国、中国で特許を取得した独自の手法を採用したグッズとなっています。

一般にストレッチグッズは、職場や在宅ワークのデスクで使用できるグッズはほとんどありません。首コリや肩コリが生じる現場であるデスクで使用できるグッズとして使用できるグッズは、ストレッチLOONAだけではないでしょうか?

ストレッチLOONAの開発者である私自身の実体験を基に、姿勢という根本原因に着眼して首コリ肩コリに対する研究を続け、首まわりの筋肉骨格バランスを保つストレッチLOONAストレッチを提案し、肩こりグッズのストレッチLOONAの量産化をするに至りました。

ストレッチLOONAは、正しい姿勢の人から見れば、その必要性は分かりにくいもでだと思われますが、スマホ首やストレートネック、巻肩などで不良姿勢に起因する首コリや肩コリを感じている人に使っていただければ、首まわりのバランスストレッチの効果を実感していただけるものと思っています。

「あなたの姿勢はまだ大丈夫かもしれない!」

私がストレッチLOONAを開発した理由は、不良姿勢からくる首こり肩こりを何とかしたいという気持ちからでした。

肩こりを自覚したのは、中学生の時でした。机に座って勉強しているときに酷い肩こりを感じ始めたことを今でも覚えています。

首の後ろの筋肉が固くなり、血流不良により冷えていたことから、原因は座位姿勢でのうつむき姿勢が原因だったのだと思います。

当時の私は、不良姿勢についての知識がなく、休めば治ったことから姿勢を正すことを意識することはありませんでした。

マッサージも整骨院に行くこともなく、たまに母親に頼んで肩を叩いてもらったりした程度でした。

高校受験勉強をしても、さほど問題がありませんでした。

この頃は若さで回復力もあったのでしょう。しかし、ここで事の重大さを知るべきでした。

あなたには私のようになって欲しくない

高校 → 大学 → 社会人と年を重ねるとともに肩こり首こりが酷くなってしまいました。

大学生活では、特に肩こりが酷くなり、堪らず整体院に通うようになりました。

ある整体院の院長の説明で腰と首が歪んでいるとの説明があり姿勢の歪みを自覚しました。

ですが、学生の身分で十分な施術を受けることができず、現状を維持するのが精一杯でした。

姿勢が悪いと言われても自分ではどうにもならない。

肩こりや首こりが原因で、本来なら元気で楽しい時間も疲れ気味でイライラしやすいことが多かったと思います。

社会人となってからは、長時間のデスクワークで肩こり首こりがさらに酷くなってしまい、病院で頸椎牽引療法を受けるようなっていました。

私は変形性頚椎症で頸椎1番と2番に歪みあり、レントゲンで見ると背骨全体がS字に側弯していました。この治療のために病院で治療を受けていたつもりでした。

牽引療法の説明を割愛しますが、詳しく調べたい方は「牽引療法」に関するサイトを

ある大学病院で受診する機会があり、そこで医師の発言に衝撃を受ける。

私は「頸椎牽引療法を長年続けていますが、どれだけ治療すれば治るのでしょうか?」と尋ねました。

「牽引療法で変形性頚椎症は治らない。学会で結論が出ています。」

と医師が淡々と説明してくれました。

私は思わず、「治らない治療を続けてきたということですか?」

そんなことを話してもどうにもならないと分かっていましたが、行き場のない不満の一言が口から出てしまいました。

その後、病院での牽引療法を受けることは一度もありません。

私のような思いの人は必ずいると思います。

酷い症状の時は、マッサージに行く、整体院に行く、横になって休む。そのようにして過ごしました。

ある時、転機が訪れました。

ストレッチLOONAを開発までについては、近日中にアップします。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です