1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

健康雑学 開発者コラム

スマホ首 (ストレートネック)

スマホ首、肩が下がる、ストレートネックなどが首こり・肩こりの原因として問題視されるようになっていますね。
首が斜め前に傾くので、クレーンネックとも呼ばれたりするようです。

現代病などと言われるスマホ首(ストレートネック)は、実はそれ自体は病気ではありません。
長時間スマホを覗き込む姿勢を続けることで、首本来の形ではなく、まっすぐに突き出た首になってますよという意味です。
でも悪い姿勢のクセ、トラブルを起こしやすい格好ですよ。

こういう首ですね。
周りにも沢山いるように思います。
猫背と巻き肩とセットで、もれなくついてくるような気がします。

わたくし肩こり星人としましては、ケータイなど登場さえしていない小学生時代から猫背を自覚していたので、スマホ依存度に関わらずスマホ首にはなりやすいのだと思います。
テレビっ子だったからなぁ…。
この図を見ると、喉の方の筋肉は緩みっぱなしで、首の後ろ側は常に緊張していなければ重心を保てないのが分かりますね。
首から背中の方までを覆う大きな筋肉を僧帽筋といいますが、僧帽筋全体が固くなり疲れやすくなってしまいます。

このような姿勢のクセがもたらす疲れやすさは、日常的に続くので注意が必要です。
マッサージや湿布、ハリ、お灸などの肩こり対策をして血行を改善しても、クセになった姿勢はなかなか直りません。
肩こりだけでなく、頭痛や吐き気、しまいにはシビれてきて、腕をよく動かすことができなくなったり、神経痛のように一日中痛かったり。
とにかく重症化していきました。

  • この記事を書いた人

ストレッチLOONA(ルーネ)

-健康雑学, 開発者コラム
-,